澁谷恭正殺人へ

今日、ちょうど2年11ヶ月 、自分の魂が自分の体が出てしまったぐらい感じた日です。
初めて経験でした日です。
この人間の世界に何人がそんな経験があった事がありますか????
でもリンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、まだはっきり刑罰が出来なかった。
いつまで待ってしないといけないでしょうか???
リンちゃんの体に残した傷があって、そんな犯罪、犯行が受けたのに、まだ残酷、残忍、残悪しないと言いました。まだ残酷しないので、死刑を選択しない。。。 良心がありますか???
死ぬまで拷問したのに、まだ残酷しないですか??? 死ぬ後もまだ許せなかったのに、まだ残忍しないですか???
どんな行為が残酷、残忍でしょうか????


澁谷恭正を犯罪したあと平気で毎日子供たちを守っている活動を参加します。 新学期に学校全員の前に発表した: “これから安全に学校を通いしてください。”
=>自分での犯人であるので、自分で犯罪をしない場合、他の学生が安全でしょう???
そんな元気な男性のに、澁谷の弁護士から言いた:“澁谷恭正は目が見えない、体が弱い”犯罪可能性が出来ない。 “ リンちゃんが見つけた現場に行って実現して、澁谷恭正が一人でリンちゃんの遺体が運んで出来ないと言いました。” 澁谷恭正の体病気である目が見えないので、犯人が不可能と想定した。
本当に弁護士達が目があるか、頭が何かあるか?????そんな発言でも日本の弁護士の資格が取ったの???
澁谷恭正が小さいから柔道のトップでしたよ。
180cm以上ですよ。 目が見えないのに当日100kmぐらい車を運転したよ。
からだが弱いですか? 当日10時間以上運転したよ。一般の運転手は1日何時を運転しますか? 法律上に連続運転は何時許可しますか????

千葉地裁に目が見えないと言って、裁判員にも立って挨拶しなかった。原因は目が見えないんです。ですが裁判の判決前一週間ぐらい。平塚さんと手紙をやり取りで、俺が犯人ではないと書いたよ。 目が見えないでて紙数枚を書きました。何回も書きました。とっても綺麗な字でした。 

本当に澁谷恭正が天才ですね。 これから目が見えない方が澁谷恭正殺人に連絡してください。澁谷恭正殺人の天才であるので、勉強経験を聞きてください。。。❗️目が見えないくても問題ないです。 綺麗な手紙がかけますよ。勉強してください。
。 どこまで偽装しても事実は事実です。

澁谷恭正殺人、澁谷恭正の弁護士へ:
=>目が見えない人でも他の知覚があるでしょう???
目が見えない人に上の内容を聞けば、どんな答えしますか??? 
私まで教えくれませんか????

2018/12/23(日) 11:24配信 千葉日報オンライン

求めた「真実」遠く… 遺族、死刑回避に怒り 松戸女児殺害事件公判 【回顧2018取材メモから】
2018/12/23(日) 11:24配信 千葉日報オンライン
求めた「真実」遠く… 遺族、死刑回避に怒り 松戸女児殺害事件公判 【回顧2018取材メモから】
初公判前に心境を語るリンさんの父親=6月4日、千葉地裁前
 社会を揺るがす事件の判決が千葉地裁で言い渡された。昨年3月、松戸市立六実第二小3年でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件。殺人などの罪で起訴された元保護者会長の渋谷恭正被告(47)は逮捕当初から黙秘を続けていたとされ、公判で何を語るのかが注目された。しかし、真実を求めていた遺族の願いはかなわず、怒りと悔しさが残った。

 事件から1年2カ月余りが経過した6月4日。初公判が開かれる千葉地裁には、傍聴席を求め400人が長蛇の列を作った。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 この日を誰よりも待ちわびた人がいた。「今日まで長かった。まだ何も分かっていない」。公判前、報道陣に対し、リンさんの父親、レェ・アイン・ハオさん(36)は心境を語った。事件発生当時から取材し続け、記者の立場でさえ初公判を「ようやく」と感じた。遺族にとってリンさんがいない日々がどれほど長く感じたことだろう。

 ようやく開かれた公判で遺族の期待は裏切られる。被告は「捜査機関のねつ造」を訴え起訴内容を全面否認。検察側は決め手となったDNA型鑑定の専門家や、捜査員を証人尋問し次々と「被告が犯人」とする証拠を突き付けたが、遺族が求めた“真実”を被告が語ることはなかった。

 真実と共に遺族が求めていたのは「極刑」。ハオさんは寒空の下、街ゆく人に死刑判決を求める署名を呼び掛けた。取材で自宅を訪れた際、床には膨大な署名済みの用紙が積み上げられ、黙々と数える姿が目に焼き付いている。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 公判でハオさんは被害者参加人として出廷し「犯人と同じ思考を持っている者へ見せしめを」と強く極刑を求めた。時には記者の視界が涙でぼやけ、思わずメモを取る手を止めそうになった残虐な犯行に対しても、一言も逃すまいとじっと耳を傾けた。

 10回にわたった審理の判決は無期懲役。求めていた極刑は回避された。ハオさんは判決後、リンさんが見つかった我孫子市の現場を訪れた。色あせた娘の遺影を見つめ、「納得できない」と悔しそうに話した。

 千葉地裁での判決は双方が控訴し、再び二審での判断が待たれる。ある日の取材で「自分は無力」とつぶやいたハオさん。遠い祖国から来日し、まな娘を奪われた。せめて、求める真実が明らかになってほしい。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
(社会部・町香菜美)

◇松戸女児殺害事件 昨年3月24日に登校中のリンさんをわいせつ目的で軽乗用車に乗せて連れ去り首を絞めて殺害したとして、殺人などの罪に問われた渋谷被告に千葉地裁は7月6日、無期懲役の判決を言い渡した。弁護側と検察側双方が控訴した。

【関連記事】

3/25(月) 1:36配信 日テレNEWS24

ベトナム女児殺害2年 父親が発見現場に
3/25(月) 1:36配信 日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
[ 前の映像 | 次の映像 ]
千葉県でベトナム人の9歳の女の子が殺害された事件から2年がたった24日、女の子の父親が遺体発見現場を訪れた。

ベトナム人の小学3年生、レェ・ティ・ニャット・リンさんは2017年、千葉県我孫子市の排水路脇の草むらで遺体で発見された。

事件から2年がたった24日、リンさんの父親が遺体発見現場を訪れ、無念な胸の内を明かした。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
レェ・アイン・ハオさん「私の娘は元気に勉強を続けていました。将来は社会の役に立つ人になるはずでした」

この事件では去年7月、殺人の罪などに問われた保護者の会元会長の渋谷恭正被告が、一審で無期懲役の判決を受け、弁護側・検察側双方が控訴している。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190325-00000004-nnn-soci

3/27(水) 11:43配信 チバテレ

松戸女児遺棄事件 リンさん遺体発見から2年 松戸市本郷谷市長が家族の元を訪問
3/27(水) 11:43配信 チバテレ

チバテレ(千葉テレビ放送)
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 松戸市に住むベトナム国籍の小学3年生の女の子が殺害され、遺体で見つかってから26日で2年。地元市長が家族の元を訪れました。レェ・ティ・ニャット・リンさんの自宅を訪れた松戸市の本郷谷健次市長は「風化させないことが多くの子どもたちの安全に繋がるし、リンさんの気持ちにも繋がる」と話しました。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 また本郷谷市長が両親に対し、困っていることがないか問いかけると、父親のハオさんは「精神的に本当に疲れた」「奥さんと子どもは私がいない時は怖くて外に出られない」などと述べ、苦しい胸の内を明かしました。

 なお千葉地裁は去年7月、殺人などの罪に問われた当時の保護者会会長の澁谷恭正被告に無期懲役の判決を言い渡しています。被告と検察側双方が控訴していますが、東京高裁での公判日程は未定だということです。

チバテレ(千葉テレビ放送)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00010001-chibatelev-l12

3/24(日) 10:09配信 共同通信

リンさん殺害2年で父親が献花 「会いたい気持ち強く」
3/24(日) 10:09配信 共同通信
前へ 1 / 3 次へ
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
リンさん殺害2年で父親が献花 「会いたい気持ち強く」
レェ・ティ・ニャット・リンさんの遺体が遺棄された現場付近で手を合わせる父親レェ・アイン・ハオさん=24日午前、千葉県我孫子市
 千葉県松戸市立小3年だったベトナム国籍の女児レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が2017年3月に殺害されてから2年となった24日、父親レェ・アイン・ハオさん(36)が遺体遺棄現場の同県我孫子市の排水路脇を訪れた。ピンクや白の花を供え「リンちゃんに会いたいという気持ちはこの2年間でどんどん強くなっている」と涙を浮かべた。

 ハオさん夫婦は、今も松戸市の自宅でリンさんの食事を用意しており、幼い弟(5)は「お姉ちゃんはどうしてご飯を食べないの。一緒に遊びたい」と尋ねてくる。ハオさんは「笑顔の家族に戻りたい。でも、毎日がつらい」と打ち明けた。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
【関連記事】

3/24(日) 14:32配信 時事通信

千葉の小3女児殺害から2年=父献花「とても疲れた」
3/24(日) 14:32配信 時事通信
千葉の小3女児殺害から2年=父献花「とても疲れた」
殺害されたリンさんの遺棄現場で献花する父ハオさん=24日午前、千葉県我孫子市
 千葉県松戸市の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=が殺害されてから2年となった24日、父レェ・アイン・ハオさん(36)は同県我孫子市の遺体遺棄現場で献花し、「この2年間とても疲れた。適切な判決が下されず、何をすればいいか分からない」と心境を語った。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 千葉地裁は昨年7月、リンさんが通っていた小学校の元保護者会長で殺人罪などに問われた渋谷恭正被告(47)に対し無期懲役を言い渡した。公判で検察側は死刑を求刑、弁護側は無罪を主張しており、共に控訴している。

 ハオさんは、東京高裁での控訴審について、「早く死刑判決が出され、執行されることを願っている」と強調。「どうしてリンちゃんを殺したのか、渋谷被告の口から聞きたい。早く罪を認めて、謝罪してほしい」と求めた。 

【関連記事】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00000046-jij-soci

3/24(日) 15:22配信 産経新聞

リンさん殺害事件から2年 父親「本当に会いたい」
3/24(日) 15:22配信 産経新聞
リンさん殺害事件から2年 父親「本当に会いたい」
リンさんのほこらの前で手を合わせるレェ・アイン・ハオさん=24日、千葉県我孫子市(橘川玲奈撮影)
 千葉県松戸市の小学3年だったレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=が殺害された事件から2年となる24日、父親レェ・アイン・ハオさん(36)が遺体発見現場の同県我孫子市の用水路脇を訪れた。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 ハオさんは現場近くに自ら建てたほこらの前で静かに目を閉じて手を合わせ、祈りをささげた。報道陣の取材に対し「本当にリンちゃんに会いたい」と持っていた紙を強く握りながら言葉を絞り出した。

 前日の23日にはリンさんの同級生らが自宅を訪れ、折り鶴で作った虹を描いた貼り絵を贈られたことも明かした。リンさんの夢だった「日本とベトナムの架け橋」との思いを込め、虹の両端には桜と蓮の花があしらわれた。受け取ったハオさんと妻のグエン・ティ・グエンさん(32)は涙したという。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 ハオさんは「どうしてリンちゃんを誘拐して殺してしまったのか。今でも理由が分からない」と悲痛な胸の内を明かす。

 殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われ、昨年7月の千葉地裁の裁判員裁判で無期懲役となった事件当時の小学校保護者会長の渋谷恭正被告(47)は、一貫して無罪を主張。ハオさんはインターネット上で、東京高裁で行われる控訴審での極刑を求める署名集めをしている。渋谷被告に対しては「罪を認め、謝罪してほしい」などと訴える。

 一審判決によると、渋谷被告は平成29年3月24日、登校中のリンさんを車で連れ去り、わいせつな行為をした上、首を圧迫して窒息死させ排水路脇に遺棄した。

【関連記事】
千葉・9歳女児殺害「リンちゃんが天国に行けない

3/24(日) 17:42配信 朝日新聞デジタル

リンさん殺害事件2年 父が献花「会いたい気持ち強い」
3/24(日) 17:42配信 朝日新聞デジタル
リンさん殺害事件2年 父が献花「会いたい気持ち強い」
レェ・ティ・ニャット・リンさんの遺体が見つかった現場で手を合わせる父親のレェ・アイン・ハオさん=24日午前11時30分、千葉県我孫子市、寺沢知海撮影
 千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が殺害された事件から2年となった24日、父親のレェ・アイン・ハオさん(36)が、リンさんが遺体で見つかった千葉県我孫子市の排水路わきの草むらを訪れた。「リンちゃんに会いたい気持ちは2年前よりも強くなっている」と涙ぐみながら語った。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/

【写真】レェ・ティ・ニャット・リンさんの遺体発見現場で、花束を手向ける父親のレェ・アイン・ハオさん=24日午前11時27分、千葉県我孫子市、寺沢知海撮影

 午前10時前、ハオさんは、ぬいぐるみなどが供えられている祠(ほこら)に、リンさんの同級生たちから預かったピンクのバラやユリの花束を手向けた。線香を上げながら、ほほえむリンさんの遺影と同じ目線になるように地べたに座り、目を閉じて手を合わせた。

 事件では、保護者会長だった渋谷恭正(やすまさ)被告(47)が殺人や強制わいせつ致死などの罪で起訴され、昨年7月の一審・千葉地裁判決で、無期懲役を言い渡された。無罪を主張した被告側は控訴し、高裁の公判期日は決まっていない。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 ハオさんは「2年間、本当につらかった。リンちゃんに本当に会いたい」と涙を浮かべ、控訴審について「渋谷被告は罪を認めて、ちゃんとリンちゃんに謝罪してほしい」と訴えた。(寺沢知海)

朝日新聞社

【関連記事】
リンさん殺害事件、きょう判決 争点は被告のDNA鑑定
三つ子の育児、背負い込んだ母 泣く子を投げ落とした夜
SNSで金貸します…条件に性行為も 個人間融資の実態
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00000046-asahi-soci

千葉日報 による2019年03月24日

「会いたい気持ち強く」 リンさん父、遺棄現場で涙 松戸女児殺害2年
3/25(月) 11:59配信 千葉日報オンライン
「会いたい気持ち強く」 リンさん父、遺棄現場で涙 松戸女児殺害2年
リンさんの遺体が見つかった現場近くで手を合わせるハオさん=24日午前、我孫子市北新田
 松戸市立六実第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が登校中に連れ去られ殺害されてから2年となった24日、父親のレェ・アイン・ハオさん(36)が、リンさんの遺体が見つかった我孫子市北新田の排水路脇を訪れて花を手向け「リンちゃんに会いたい気持ちはより強くなっている」と涙を浮かべた。

 現場には、月命日に合わせ毎月のように足を運んでいる。砂利道に座り線香を上げ、リンさんの写真やぬいぐるみが置かれたピンク色のほこらに手を合わせた。供えた花は前日、リンさんが通っていた学校の教諭や同級生から贈られたもの。リンさんが好きだったピンク色のバラなどもあった。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
 リンさんは排水路に架かる橋の下で見つかった。ハオさんが訪れたこの日は冷たい風が現場に吹き付けていたが、「2年前はもっと寒い日だったことをはっきり覚えている。リンちゃんが見つかった後に雨が降って、見つかるの遅かったら(排水路の増水で)流されていたかもしれない」と言葉を詰まらせた。

 殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた事件当時の保護者会長、渋谷恭正被告(47)は、千葉地裁の一審で「一切関与していない」と無罪を主張。昨年7月、死刑求刑に対し無期懲役の判決が言い渡され、検察側と弁護側の双方が控訴した。

 ハオさんは「日本の法律で早く処罰してほしい」と、インターネットで控訴審での極刑を求める署名集めをしている。控訴審の期日は決まっておらず、「2年たってもリンちゃんに新しい報告ができない」と無念さをにじませ、渋谷被告に対し「許せない。早く認めて謝罪してほしい」と語気を強めた。

 一審判決によると、2017年3月24日、登校中のリンさんを車で連れ去り、わいせつな行為をした上、首を圧迫して窒息死させ遺棄した。リンさんは2日後、排水路の橋下で見つかった。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
【関連記事】
【特集】松戸女児殺害 全公判を取材
<松戸女児殺害>行方不明「親の責任」 被告、遺族逆なで 第8回公判
運転士「睡魔に襲われ」 JR東松戸駅でオーバーラン 異例の事態直後にまた
スマートIC開通 圏央道アクセス向上へ 大網白里
<センバツ>習志野、打線爆発 日章学園(宮崎)下す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00010002-chibatopi-l12

朝日新聞社によう

家族引き裂かれ「限界」 リンさん事件2年、癒えぬ傷痕
3/26(火) 7:05配信 朝日新聞デジタル
家族引き裂かれ「限界」 リンさん事件2年、癒えぬ傷痕
レェ・ティ・ニャット・リンさんの祭壇の前で取材に応じる父のレェ・アイン・ハオさん=21日午前10時30分、千葉県松戸市、寺沢知海撮影
千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が殺害され、遺体で見つかってから、26日で2年になる。両親はつらい記憶に苦しみ、ベトナムと日本で離れて暮らすことが増えた。元保護者会長が有罪判決を受けた事件は、地域にも大きな傷痕を残している。

 

【写真】レェ・ティ・ニャット・リンさんが小学校で描いた絵を見つめる父のレェ・アイン・ハオさん=21日午後0時1分、千葉県松戸市、寺沢知海撮影

オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
「家族と一緒にベトナムに帰ることも考えた。でもリンちゃんのために、裁判が終わるまでは帰れない」 父のレェ・アイン・ハオさん(36)は松戸市の自宅で、言葉を絞り出した。命日の数日前。居間の祭壇には、ハオさんにおんぶされて笑うリンさんの写真や大好きだったピンク色の花が飾られていた。

事件は幸せだった家族を引き裂いた。母のグエン・ティ・グエンさん(32)は、事件のことを思い出さないようにと、長男(5)と一緒に日本を離れ、ベトナムで過ごす時間が長くなった。2人が松戸に滞在するのは3カ月に1度ほどになったという。

「子どもたちが同じ学校に通って、落ち着いて生活できるように」。そんな思いで購入した2階建ての中古住宅でハオさんは、ほとんどの時間を独りで過ごす。「小さな幸せのためにこの家を買ったのに、自分のしたことは間違いだったかもしれない」と涙を浮かべた。
オンラインで署名: http://sign.partime.biz/jp/
何が起きたのか知りたい。犯人に極刑を――。そんな署名活動を続けてきたハオさんにとって、渋谷恭正被告(47)に無期懲役を言い渡した昨年7月の千葉地裁の判決は、受け入れがたいものだった。

判決後には署名を呼びかけるホームページも作った。仕事以外の時間は全て署名活動にあて、この3カ月は1日も休んでいないという。「署名をしても、その通りにならないかもしれないことは分かっている。でも、私にはこれしかできない。リンちゃんのために何もできないなら、もう生きていけない」と声を詰まらせた。控訴審の公判期日はまだ決まっていない。

「本当に疲れました。この2年間、何も変わらない。もう限界です」。ハオさんは訴える。「リンちゃんに会いたい」。ハオさんはそう願いながら、今も自宅の祭壇に「リンちゃんの分」と、一杯のごはんを供え続けている。

朝日新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000008-asahi-soci