ベトナム女児殺害で無期懲役、「DNA型から犯人と強く推測」

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

ベトナム女児殺害で無期懲役、「DNA型から犯人と強く推測」

7/6(金) 19:30配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

去年3月、千葉県松戸市に住むベトナム国籍で小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)を殺害した罪などに問われている小学校の元保護者会会長、渋谷恭正被告(47)に対し、千葉地裁は無期懲役を言い渡しました。

渋谷被告は無罪を主張していましたが、6日の判決で、千葉地裁は「被告側は遺体から検出されたDNA型が捜査の過程で汚染された可能性があると主張するが、具体的な根拠はない」と指摘。そのうえで、「遺体から検出されたDNA型から被告が本件の犯人であることが強く推測される」「被告は本来児童を守るべき立場であったにもかかわらず、幼い被害者を狙っていて卑劣かつ悪質な犯行だ」と述べました。

「判決が有罪ですから、犯人と言ってもいい。無期懲役になっちゃって、本当に悔しいですけど」(リンさんの父親 レェ・アイン・ハオさん)

判決後に会見を行ったリンさんの父親は、「改めて極刑を求める」と話しました。

渋谷被告はJNNの面会取材に対し、有罪の場合は控訴する意向を示していて、弁護側は即日控訴しました。(06日17:27)

元保護者会会長に「無期懲役」松戸9歳女児殺害

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

元保護者会会長に「無期懲役」松戸9歳女児殺害

7/6(金) 19:26配信

Fuji News Network

フジテレビ

ベトナム人の女の子を殺害したなどの罪に問われている男に、無期懲役の判決。

小学校の元保護者会会長、渋谷恭正被告(47)は、2017年3月、小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)の首を絞め、殺害したなどの罪に問われ、検察側は死刑を求刑していた。

6日の判決で、千葉地裁は「渋谷被告は、本来、児童を守るべき立場であり、その信頼を裏切り、幼い被害者を狙った犯行は、卑劣かつ悪質」などと指摘した一方で、「検察官は、死刑選択をやむを得ないとする具体的・説得的な根拠を示していない」として、無期懲役を言い渡した。

リンさんの父親、レェ・アイン・ハオさんは、「無期懲役は納得できない。これぐらいの処罰が、リンちゃんに対して公平ではない」と話した。

松戸女児殺害無期懲役判決 被害者リンさんが通っていた小学校の校長「重く受け止めている」

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

松戸女児殺害無期懲役判決 被害者リンさんが通っていた小学校の校長「重く受け止めている」

7/6(金) 19:04配信

チバテレ

チバテレ(千葉テレビ放送)

 6日、去年3月に松戸市の小学3年生の女の子が殺害された事件の裁判員裁判の判決公判が開かれ、千葉地裁の野原俊郎裁判長は小学校の保護者会の元会長、澁谷恭正被告(47)に無期懲役の判決を言い渡しました。

被害者レェ・ティ・ニャット・リンさんが通っていた松戸市六実にある松戸市立六実第二小学校では、判決を受けて校長がコメントを発表しました。

松戸市立六実第二小学校
伊東隆志校長
「今回の判決を受けまして、学校長としても重く受け止めています。私たち学校にできることはリンさんのご冥福を祈ること、子どもたちが安心・安全で楽しい学校生活が送れるように努めることです。これからも保護者・地域・関係各所の皆様方と協力しながらより良い学校づくりにまい進してまいります」

チバテレ(千葉テレビ放送)

ベトナム人女児殺害 被告に無期懲役の判決

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

ベトナム人女児殺害 被告に無期懲役の判決

7/6(金) 18:58配信

日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

千葉県でベトナム人の9歳の女の子が殺害された事件の裁判で、千葉地裁は保護者の会元会長の男に無期懲役の判決を言い渡した。

千葉県松戸市にある小学校の保護者の会元会長・渋谷恭正被告は、去年3月、ベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンさんにわいせつな行為をした上、殺害した罪などに問われている。

6日の判決で、千葉地裁は「被告の弁解には不合理な点が多く信用できない」とする一方で、「殺害行為自体には計画性がない」として、死刑の求刑に対し無期懲役の判決を言い渡した。

リンさんの父親 レェ・アイン・ハオさん「無期懲役だったので自分も納得できません。本当にまだ(リンちゃんが)天国に行けないですよ」

渋谷被告側は判決を不服として即日控訴している。

千葉・9歳女児殺害 雨の中、リンさん通っていた小学校で見守り活動

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

千葉・9歳女児殺害 雨の中、リンさん通っていた小学校で見守り活動

7/6(金) 18:53配信

産経新聞

 渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判判決公判が開かれた6日、殺害されたレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=が通っていた千葉県松戸市の市立六実第二小の通学路では強い雨が降る中、「六実っ子安全安心見守り隊」による登校中の児童らの見守り活動が行われた。

見守り隊は事件後に市の主導で発足。保護者らの要望を踏まえ、町内会などの団体を通じて事前に登録しなければ見守り活動に参加できない方式に改められた。

いつもと変わらず、子供たちを「おはよう」と出迎えた大友栄子さん(70)は「10年間、子供たちを見守っている。この場所は車も多く、安全のため、雨が降っても活動はやめられない」と話した。

千葉女児殺害事件、被告に無期懲役の判決

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

千葉女児殺害事件、被告に無期懲役の判決

7/6(金) 18:50配信

日刊スポーツ

 千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年生レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が殺害された事件でわいせつ目的略取・誘拐、強制わいせつ致死、殺人、死体遺棄の罪に問われた渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の判決公判が6日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれ、無期懲役(求刑死刑)の判決が言い渡された。犯人かどうかが争点だったが、判決は渋谷被告が「犯人と認められる」と認定。一方で、死刑と無期懲役を検討したが、検察側が主張した計画性について「場当たり的」などとし、死刑がやむを得ないとまでは認められないとした。父レェ・アイン・ハオさん(35)は即日、控訴の意向を検察側に伝えた。

「被告人を無期懲役に処す-」。裁判長の判決言い渡しを、渋谷被告は身じろぎせずに聴き入った。被害者参加制度を利用して検察側席に入った父ハオさんは首を振るような仕草で納得できない様子だった。

渋谷被告は、ズボンはこれまでの公判でよくはいていた迷彩柄のズボン。しかし、シャツは毎回羽織っていた黒いジャージではなく、初めて白い半そでシャツを着て出廷。服装には変化があったが、これまでの無罪主張をくつがえすような発言はなく、名前を確認され「えっと、渋谷恭正です」とだけ淡々と話した。裁判長は、主文を先に言い渡し、判決文を読み上げた。渋谷被告は黙って聞いていた。

被告が犯人なのか、犯人でないのかが問われた裁判員裁判。渋谷被告は、DNA鑑定などの証拠について、警察など捜査機関による捏造(ねつぞう)だとして無罪を主張していた。しかし、判決理由で裁判長は、被告や弁護側が主張したDNA鑑定に汚染や故意の混入があったとの弁護側の主張は「抽象的で具体的な可能性がない」とし「認められない」と退けた。一方、遺体の腹部から検出された付着物のDNA型が被告とリンさんのものであるなどとした検察側の立証を支持。「証拠能力は極めて高い」と延べた。

また、無罪を主張する被告が事件当日の昨年3月24日、登校時の見守り活動に行かなかったことを「都合が悪くなった」とし、補導員の説明会に行かなかったのを「具合が悪かった」、捜索に加わらず「釣りの下見に行った」とした主張について、「信用できない」と退ける一方、事件当日に被告と会話したとする証人たちが渋谷被告から聞いたと証言した「母の介護で行けなかった」「不幸ができまして」といった発言が実際にあったと認定。被告の証言について「DNA鑑定の結果とも、被告の証言は矛盾し、全体として信用できない」と退けた。

犯人性について、裁判長は「被告人の指紋、足跡がなくても、被告が本件の犯人と認められる」と結論づけた。

被害者1人の殺人事件で死刑が求刑された事件。量刑の判断にも注目が集まった裁判だった。裁判長は量刑について、裁判長は「両親の峻烈(しゅんれつ)な処罰感情も親として当然」とした上で、リンさんのランドセルや衣服などを分散して投棄し、ドライブレコーダーの記録も消去するなど、罪状隠滅も行っていると指摘。さらに、公判中、「親の責任だ、などと、無神経にも親を傷つける発言までしており、反省は皆無だ」とも指摘した。

裁判長は、これらの事情を加味して、有期懲役ではなく、死刑判決または無期懲役判決を検討したと説明。ただ、究極の刑罰である死刑を選択するには、同様の事件の量刑との「公平性に配慮する必要がある」とも説明した。これについては「殺害状況が特異かつ冷酷か」また「強い計画性があったか」を検討したと明かした。

この2点について、裁判長は「わいせつ行為の発覚を免れるための殺害は他の事件でもある」、計画性については、遺棄場所を探して車で走り回るなど「むしろ場当たり的」「意を決して計画していたとまでは言えない」と指摘。この2点について、「検察側の立証が十分立証ではない」とし、死刑を言い渡すのに「真にやむを得ないとまでは認められない」と、無期懲役判決を選択した理由を説明した

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00260062-nksports-soci

リンさん父「本当に悔しい。納得できない」無期懲役判決

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

リンさん父「本当に悔しい。納得できない」無期懲役判決

7/6(金) 18:40配信

朝日新聞デジタル

 千葉県松戸市のベトナム国籍の市立小3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が昨年3月に殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同小の元保護者会長、渋谷恭正(やすまさ)被告(47)の判決が6日、千葉地裁であり、野原俊郎裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。死刑を求めてきた遺族は閉廷後、「本当に悔しい」と語った。

【写真】会見中、涙ぐむレェ・アイン・ハオさん=2018年7月6日午後5時23分、千葉市中央区、藤原伸雄撮影

「死刑の判決を求めたが、残念ながら無期懲役になってしまい、本当に悔しい」。公判後、千葉市内で会見したリンさんの父、レェ・アイン・ハオさん(36)は目に涙を浮かべながら、無念そうに話した。

ハオさんは昨年3月の事件後、極刑を求める署名活動を行い、日本だけで5万人以上を集めた。今年6月4日に始まった裁判を被害者参加制度を使ってすべて傍聴。この日朝、「一緒にいて」と亡きリンさんに語りかけて、判決にのぞんだという。

ハオさんは、無罪を訴える被告には「罪を認めて真実を教えてほしい」と望み、「これぐらいの処罰はリンちゃんには公平ではない。納得できない」と述べた。(松島研人)

朝日新聞社

被告、動かず判決聞く リンさん父は厳しい表情

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

被告、動かず判決聞く リンさん父は厳しい表情

7/6(金) 18:06配信

朝日新聞デジタル

 千葉県松戸市のベトナム国籍の市立小3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が昨年3月に殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同小の元保護者会長、渋谷恭正(しぶややすまさ)被告(47)の判決が6日、千葉地裁であり、野原俊郎裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

「無期懲役」

白い半袖ポロシャツに迷彩柄のズボン姿の渋谷被告は体を動かさず、前を向いて裁判長の言葉を聞いていた。

殺害されたリンさんの父、レェ・アイン・ハオさん(36)は検察官の後方の席に座り、厳しい表情で被告を見つめていた。ハオさんは公判が終わって全員が起立した後も、しばらく座ったまま被告の方を見ていた。(松本江里加、寺沢知海)

朝日新聞社

地域の「目」で児童安全を=小学生殺害事件受け、「見守り隊」―千葉・松戸

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

地域の「目」で児童安全を=小学生殺害事件受け、「見守り隊」―千葉・松戸

7/6(金) 16:01配信

時事通信

 千葉県松戸市の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件から約1年3カ月。

リンさんが暮らしていた六実地区では、登下校時の児童の安全確保を目指す「見守り隊」が発足した。市の担当者は「地域の『目』を増やすことが大事だ」と話す。

市によると、事件前は地域ボランティアや保護者らが登下校中の見守り活動をしていた。しかし、小学校の保護者会長を務めていた渋谷恭正被告(47)が殺人容疑などで逮捕され、地区には動揺が広がった。

「萎縮しないで見守り活動をしてほしい」。市の呼び掛けもあり、昨年6月に「六実っ子安全安心見守り隊」が発足。現在、自治会や学校など37団体計約1350人が加入している。

見守り隊は、団体に属していることが条件となるため、身元の不確かな人物の加入を防止できる。地区では、発足から1年間で不審者らによる声掛けや付きまといなどの認知件数が前年の23件から11件に半減した。

市は昨年度、通学路を中心に28台の防犯カメラを設置し、今年度も33台を増設する予定。個人や法人の防犯カメラ設置に対する補助額も拡大し、昨年度は80台が取り付けられた。

市の担当者は「地域全体の防犯の意識が上がっている。子どもたちを守るためにできる限りのことをしたい」と話した。

小3女児殺害、元保護者会長に無期懲役=「守る立場で犯行、卑劣」―千葉地裁

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正と確定した。
ですが、死刑の判決ではなかった。 これから最高判へ行きます。
これからどうすれば良いのか。本当に難しいです。 良い方法があれば、皆さん教えください。

リンちゃんを殺害した犯人澁谷恭正に対して、死刑を判決が出せるようにご協力ください。

澁谷恭正犯人は無懲役なら、ある日出て近くに住んでいる子供達にリンちゃんの同じような事件が起きるかもしれません。

これからもたくさん澁谷恭正が生まれるかもしれない。
同じ犯人を防止ために、具体的な行動をしてお願いします。

署名したい方や自分の意見を言いたい方は以下のリンクを参考ください。

死刑署名簿フォーム


http://partime.biz/wp/wp-content/uploads/2017/06/tuhinh.pdf
===============記事の内容以下です===========

小3女児殺害、元保護者会長に無期懲役=「守る立場で犯行、卑劣」―千葉地裁

7/6(金) 15:32配信

時事通信

 千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、リンさんが通っていた小学校の元保護者会長で殺人や死体遺棄などの罪に問われた渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の判決が6日、千葉地裁であり、野原俊郎裁判長は「児童を守るべき立場にあるのに、幼い被害者を狙った犯行は卑劣で悪質」と述べ、無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

弁護側は即日控訴した。

野原裁判長はリンさんの遺体から検出されたDNA型について、渋谷被告のものが含まれていると認定。「被告が犯行の際に被害者の腹部にDNAを遺留した犯人だと強く推認される」と述べた。

被告の車からリンさんの血液が検出された点についても、車内の広範囲に付着していたとして、「通常の乗車では考えられない」と指摘。事件前に乗った際に付いたとする弁護側主張を退けた。

渋谷被告は公判で、「事件当日は釣りの下見に行っていた」と主張していた。野原裁判長はこうした供述を「不自然だ」と判断。被告の車が遺体や所持品の遺棄現場方面を走行していたことから、「犯行の機会があった」とした。

その上で、「鑑定資料が捜査機関に捏造(ねつぞう)されたと主張するなど不合理な弁解をしており、反省の態度は皆無」と厳しく批判した。一方で、「殺害手段、方法の執拗(しつよう)性、残虐性が高いとは認められず、殺害自体に計画性がない」と死刑回避の理由を述べた。